決済サービス

QRコード決済の最新動向まとめ

こんにちは。

PayPayの『100億円あげちゃう』キャンペーン、Origamiの『オリガミで、半額』キャンペーン等、最近なにかと話題になるQRコード決済に関して、流行に乗り遅れて損をしないためにも記事でまとめておこうと思います。

僕自身PayPayの『100億円あげちゃう』キャンペーンで家電でも購入しようと思っている間にキャンペーンが終了してしまいました。

10分の1で10万円が還元され、当たらなくても20%が還元されるキャンペーンを逃したのは後悔が残りました。

QRコード決済とは

QRコードは1994年に現在のデンソーウェーブが開発した2次元バーコードです。

高速で読み取れることがコンセプトだったことから、”クイック・レスポンス”の頭文字を取ってQRコードと命名されました。

QRコード決済は、主に店舗が提示するQRコードをお客様に読み取ってもらう方法と、お客様のスマホアプリに表示されたQRコードを店舗が読み取る方法の2通りで行われます。

お客様はQRコード決済アプリに、あらかじめクレジットカードや銀行口座を登録しているため、現金がなくても買い物が可能です。

店舗はスマホやiPadなどのコードレス端末に店舗用アプリをインストールして、QRコードの提示やお客様のQRコード読み取り等を行います。

QRコード決済を利用するにはインターネット環境が必要になるため、導入店舗はインターネット環境を整備する必要があります。

セキュリティー面は大丈夫?

QRコード決済はお客様がスマホに専用アプリをダウンロードし、あらかじめクレジットカードや銀行口座を登録して使うケースが多いです。

プラスチックカードを用いる決済手法と異なり店員にカードを渡すことがないので、カード情報を盗まれたり不正に利用される心配がありません。

カード自体を持ち歩く必要がなくなることから、カード紛失のリスクも軽減できます。

支払の際には決済に必要な登録情報がQRコードに変換され、スマホの画面に表示されます。

このQRコードは一定の時間を過ぎると無効になるので、例えば画面のQRコードを撮影して別の支払に使おうとしても、数分後には使えなくなってしまいます。

コードリーダーで読み取った情報は、暗号化された上で決済システムに送信されます。

カード情報保護の国際基準に従っていたり、読み取り端末に情報が残らない仕様になっていたりすることが多く、高いセキュリティレベルで管理されているので安心です。

主要QRコード決済サービス

PayPay

まずひとつめは100億円のばら撒きキャンペーンが話題となったPayPay(ペイペイ)。

ソフトバンクとYahoo!の合同会社「PayPay株式会社」が提供するQRコード決済サービスです。上記施策によりQR決済知名度は1位かもしれません。

加盟店舗もどんどん増やしていっており、100億と言わないまでも今後もキャンペーンを行うことをアナウンスしているので登録しておいて間違いはないはずです。

初回に500円相当のポイントが貰えるのも魅力ですね。

Origami

2つ目がOrigami Pay(オリガミペイ)です。

株式会社Origamiが提供するQRコード決済サービスです。

銀行口座に直接結びつけられるQRコード決済としても特徴的で、ユーザーはクレジットカードがなくてもサービスを利用することが出来ます。

『オリガミで、半額。』キャンペーンを実施しており、第一弾が吉野家、二弾がDEAN&DELUCA、そして三弾にケンタッキーフライドチキン(2019年2月予定)の一部商品が半額になります。

楽天ペイ

続きまして個人的には一番利用するポイントサービス、楽天ポイントとの連携利用が可能な楽天ペイ。

楽天株式会社が提供するQRコード決済サービスです。

このサービスの魅力は「ポイントの二重取り」ができることです。決済をした際に、紐づけられたクレジットカードに貯まるポイントの他に、楽天スーパーポイントが貯まります。

本来、楽天スーパーポイントが使えないLAWSONでも、ポイントが使える・貯まるようになっていますし、加盟店の多さも魅力的です。

楽天ペイアプリを使えば、お店での支払いにこのポイントを使うこともできます。

LINE Pay

最後は皆さん利用されているメッセージアプリLINEのLINE Pay(ラインペイ)です。

LINE Payアカウントに紐づけられた銀行口座や、コンビニのレジから残高をチャージすることができます。

お店ではユーザーがアプリに表示したQRコードをレジで読み取る方法のほかに、申請すると送られてくるプラスチックカードでも支払うことができます。

期間限定で20%還元キャンペーンを行っており、お得に支払いが行える。※PayPayとの違いは還元上限が5000円と低く設定されていること。

おわりに

QRコード決済の概要とおすすめサービスをお伝えしましたがいかがだったでしょうか?

時代の移り変わりとともに支払いの方法も多様化してきて、現金だけでも生活はできますが、同じ金額を払っているなら還元がある方がいいに決まってます。

今後もお得なサービス、キャンペーンがあり次第、紹介していけたらと思っておりますので要チェックでお願いします。

ABOUT ME
バズー
バズー
大阪のネット広告代理店に勤務している25歳 仮想通貨や金融商材のおすすめ情報、まとめ情報、知って得する情報を発信しながら成り上がっていくまでの過程をみていくブログ
おすすめ記事