初心者向け

今だからこそトレードスキルを身に着けるべき3つの理由

こんにちは。

仮想通貨市場は下火になっており、もう”ガチホ”をしているだけでは稼ぐことのできない環境になりました。

雰囲気でトレードをしていた人は軒並み資産を溶かし、場合によっては取り返しのつかなくなったものもいるのではないでしょうか。

あくまで僕の考えですが、もうしばらくはガチホや雰囲気でだけで勝つことができない環境が続くとみており、今だからこそトレードスキルを身に着けるべきなのではないかと思っています。

今回はその理由を書いていこうと思います。

なぜトレードスキルが必要なのか

もうガチホだけでは稼げないから

冒頭でもお伝えしたように、もうガチホだけでは稼げません。

未だに仮想通貨をやっている変態さんはもうお気づきのことかとは思いますが、そのような環境はもう半年以上前に消滅しております。

上記を認識しないまま落ちてゆく仮想通貨を握りしていた場合、バブル再来を夢見る前に大事な資産を溶かしてし、次来る絶好のチャンスで波に乗れない事態に陥る可能性が非常に高いです。

なので、認めたくないかもしれませんが、ガチホでなんとかなると思うのはもうやめよう!

なに当然のこと言ってんの?って思うかもしれませんが、TwitterのTLを見ていると、驚くことに未だになんとかなると思っている人もいます。わけわかりません。

チャートが読めるようになると、今のBTCを始め、その他アルトコインのチャートがいかに絶望的かわかるかと思います。

なので、トレードスキルを身に着けよう。

以前に比べTLでシグナルを発信している人が激減した。

個人的にはこれも大きな要素だと思っています。

バブルのときはいわゆる無償で〇〇の通貨伸びる!とか、BTC82万付近でロングみたいなツイートで溢れていたと思います。

しかし昨今はそのような発信はサロンブームによって取って代わり、今やTLでのミラートレードが全然できない環境になっています。

まだBTCについてつぶやいている人は結構いるイメージですが、アルトコインについてつぶやいている人はほぼいなくなったとみていいのではないでしょうか。

強いて言えばXPR(リップル)くらいかなと思っています。

そのような参考にする環境がなくなった今、何をするべきかと言うと、やはり自分自身で読み解く力が必要になってきます。

シグナルがなくなり、全くチャートがどの方向を向いているのかさっぱりわからない状況って非常に恐ろしくないですか?

僕はそれが怖くなり、チャートの勉強を始めました。

他人に頼るのではなく、自分で判断できるようになろう!

シンプルにチャート分析は楽しい

これは僕がいざチャート分析を始めて感じた所感ですが、チャートの分析って奥が深くて非常に楽しいです。

”トレンドライン”や”レジサポライン”、”逆三尊・三尊”、”ダブルボトム・ダブルトップ”などトレードをしていく上で覚えると次どのようにチャートが動くのかわかるようになります。

また、勉強したものが反映されて、お金が増える喜びもただガチホをしている以上の喜びを味わうことができます。

チャート分析は楽しいです。だからトレードスキルを身に着けよう!

付加価値も手に入る

今仮想通貨市場で生き残っている人たちでトレード以外で稼いでいる人たちは誰かわかりますか?

バブルのときはブロガーがかなり儲かっていました。SEOで検索上位にならずともTwitterでブロガーを名乗っておけばアフィでぼろ儲けできていました。

そして、今はトレーダーが最もおいしい環境になっています。

noteや、サロンで自分のトレード手法を発信するだけでお金が入る環境が定着している今、トレードスキルを身に着けることはトレードで稼ぐだけでなく、その他の付加価値を与えてくれます。

月10,000円のサロンを始めるとして、参加者が100人入ったとすると、その時点で100万円がトレード以外で稼げます。

20代サラリーマンの平均月収の3倍以上ですよね。控えめに言ってハンパないですw

やっぱりどう考えてもトレードスキル習得は投資を行う上では欠かすことのできないものであることが分かると思います。

おわりに

いかがでしょうか。

今回は簡単にトレードスキルを身に着けるべき3つの理由を述べさせていただきました。

簡単に書いたものの、どれも魅力的な要素であることがわかります。

僕も早くトレードスキルを身に着けていきたいと思います。

ABOUT ME
バズー
バズー
大阪のネット広告代理店に勤務している25歳 仮想通貨や金融商材のおすすめ情報、まとめ情報、知って得する情報を発信しながら成り上がっていくまでの過程をみていくブログ
おすすめ記事