クレジットカード

最強還元率!やっぱりすごい、楽天カードのおすすめポイント!

こんにちは!バズーです!

「クレジットカードを持ちたいけどどこのカードがいいのだろう。」

「銀行でカード発行を勧められたけど、他の会社のカードはどんな内容だろう。」

「一番得するクレジットカードってなに?」

こんなお悩みの方に間違いなくおすすめする最強のクレジットカードがあります!

そうそれこそが楽天カードなのです。

CMでお馴染みですが、本当にオトクなカードなのでメリット・デメリット共におすすめポイントを紹介していきます。

楽天カードのメリット

年会費無料
ポイントの還元率が高い(1%)
楽天市場でのポイントが3倍貯まる(SPU)
楽天Edy・ポイントカードとしても使える
カードデザインが豊富
新規入会で最低5000ポイントもらえる
セキュリティ面がしっかりしている
アプリで簡単に明細を確認することができる

年会費無料

年会費がかかるクレジットカードはやはり気軽に作れないのがネックですよね…。

楽天カードは「ずっと年会費無料」なので、今までクレジットカードを作ったことがない方の初めてのカードとしてもおすすめです。

ポイントの還元率が高い(1%)

クレジットカードの魅力のひとつが利用するとポイントがもらえることですが、カードによってポイントの還元率が違います。

通常クレジットカードの還元率は0.5%程度のものが多いので、楽天カードの1%はクレジットカードの中でも高還元率だと言えます。

どうせ使うなら、よりポイントがもらえるカードのほうがいいですよね。

楽天市場でポイントが最低でも3倍もらえる(SPU)

楽天カードを持っているだけで楽天市場利用時のポイントが3倍(+2倍)になります。

さらに楽天銀行の口座から引き落としにするだけでさらにポイント+1倍。

楽天銀行はコンビニATMから簡単に入出金ができますし、ATM手数料も口座開設から6か月間は月5回無料です。

6ヶ月目以降でも楽天会員情報と関連付け(ハッピープログラム)すれば最大月7回無料になります。

といっても、月7回無料は条件がちと厳しい(残高300万以上or取引30回以上)ので、月1回無料ならば条件も簡単かと思います(残高10万以上or取引5回以上)。

カード引き落とし専用の口座とするならば、月1回の入金手続きで済みます。

さらに楽天証券と関連付け(マネーブリッジ)すれば、銀行普通金利が5倍(年0.10%)になります。

大手銀行の普通金利が0.01%程度ですので、これだけで楽天銀行に講座を作る価値は十分にあります。

貯蓄用のお金なども入れておくだけで、定期預金並に金利がもらえるのですごくお得です。

楽天Edy・ポイントカードとしても使える

一体型の楽天カードならば、楽天Edy・楽天ポイントカードとしても使うことができます。

楽天Edy・ポイントカードをお店で使う際には期間限定ポイントが使えます。

カードデザインが豊富

少し前までは楽天カードはデザインがダサいなどと言われる声もなきにしもあらずでしたが、最近の楽天カードはいろいろなデザインがあります。

カードのデザインによって選べるブランド会社(JCB、VISA、Mastercard、アメックス)が異なりますで、少し注意が必要です。

新規入会で最低5000ポイントもらえる

楽天カードに申し込むともれなく楽天ポイントが5,000ポイントがもらえます。

キャンペーン中ならば7,000ポイントや8,000ポイントがもらえます。

セキュリティ面がしっかりしている

不正利用検知システムや24時間対応、ネットショッピング時の本人認証などセキュリティ面も充実しています。

その中で特に重宝しているのが、「カード利用お知らせメール」。

カード利用がされた翌日には「カード利用速報メール(利用日・利用金額)」が送られてくるので、不正利用されてもすぐに気づくことができます。

アプリで簡単に明細を確認することができる

クレジットカードの明細って確認するのが面倒ですが、楽天カードアプリを使えば簡単に確認することができます。

楽天カードをメインカードとして使っている場合は、家計簿代わりとしても使うことができます。

楽天カードのデメリット

ETCカードは年会費が発生する
海外旅行傷害保険は利用付帯

ETCカードは年会費が発生する

楽天カードはETCカードを付帯すると年会費540円がかかってしまいます。

ただし、楽天会員でダイヤモンド会員・プラチナ会員の方はETCカードの年会費が無料になります。

楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードの場合はETCカードの年会費はずっと無料です。

海外旅行傷害保険は利用付帯

楽天カードで海外旅行傷害保険を適用させるには、空港に向かう前の電車やバス、タクシー代や海外旅行代金の費用などを楽天カードで支払う必要があります。

ちなみに、楽天プレミアムカードの場合は海外旅行傷害保険は自動付帯です。

使い道が多い!楽天ポイント

クレジットカードで貯まるポイントはそれぞれのカードで違います(Tポイント、リクルートポイントなど)

楽天カードで貯まるポイントは楽天ポイントなのですが、、

楽天ポイントは使い道が多くて使いやすい!

楽天市場

みんな大好き楽天市場!

楽天市場ならばお米や本など、扱っていないものはない商品が充実くらいなので貯まったポイントを無駄なく使えます。

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税もオススメです。

ポイントで行ったふるさと納税分も通常のふるさと納税と同様に税金が控除されます。

楽天ふるさと納税ならばさらにポイントが貯まるので、もらえるポイントだけで自己負担2,000円分をまかなうこともできます。

飲食店で利用(くら寿司、ミスドなど)

くら寿司やミスタードーナツなどいろいろなお店でも楽天ポイントが使えます。

期間限定ポイントが残っている場合は、自動的に期間限定ポイントから支払われます。

カード支払い分をポイントで支払う

楽天カードの月々の支払いにも楽天ポイントを使うことができます。

『楽天ポイントを使えないお店で楽天カードを使用⇒支払い分を楽天ポイントで支払い』

このように支払いをポイント払いにすれば、実質的にすべてのお店で楽天ポイントでの利用ができるということです。

さいごに

いかがだったでしょうか?

還元率が高く、もらえるポイントの実用性が高い

楽天カードはカード初心者にも上級者にも一枚は絶対に持っておきたいカードです。

 

ABOUT ME
バズー
バズー
大阪のネット広告代理店に勤務している25歳 仮想通貨や金融商材のおすすめ情報、まとめ情報、知って得する情報を発信しながら成り上がっていくまでの過程をみていくブログ
おすすめ記事