初心者向け

【初心者向け】仮想通貨投資の始め方を1から解説。これ読めば一発で分かる。

こんにちは。

「仮想通貨」って言葉はさすがにもう国民の半数以上の方が一度は耳にしたのではないでしょうか。そのくらい連日テレビ番組や雑誌などで取り上げられていますよね。

年末のビットコインが200万円突破したときやCoincheckがハッキングに遭ってNEMがパクられたときなんて毎日のようにテレビ番組が取り上げていましたよね。

そんな仮想通貨ですが、意外に周りを見渡したら聞いたことはあるけど、始めてはない。けど、興味はある。って人が多いです。(僕の周りだけかもしれないですけど)

ってことで、今回はそのような興味はあるけど、始め方がわからない人たちのために仮想通貨投資の始め方を丁寧に説明していこうと思います。

そもそも仮想通貨ってなに?

仮想通貨って言葉はよくテレビや雑誌で聞くけど、実際のところ仮想通貨ってなに?どういう意味があるの?って思っている人は多いのではないでしょうか。

仮想通貨は2009年に最初に発行された、ブロックチェーンを基軸に作られたデジタル通貨です。

仮想通貨の主な特徴としては以下となります。

  • 海外送金や決済を安い手数料で行うことができる
  • データの改ざんや複製ができない
  • 資産運用(投資)ができる

海外送金や決済を安い手数料で行える

仮想通貨の素晴らしいところは海外送金などの手数料が非常に安いことです。普段使っている円やユーロなどは、海外に送金するとき非常に高い手数料を取られてしまいます。

例えば、国内の銀行間(他行宛て)での手数料は270~432円ほどかかってしまいます。また他国に送金する場合は、円をドルやユーロに換金して送金する必要があるため、手数料は5,000円くらいかかってしまう場合があります。個人による少額の場合の送金コストを考えると、非常に高いです。

仮想通貨を利用することで、非常に安い手数料で海外に送金することが可能になります。

具体例を出して考えると、出稼ぎ労働者が祖国の家族に送金することが大きな問題となっています。そのような人たちも仮想通貨を使うことによって”迅速に””安く”送金することができるので恩恵を受けることになります。

また、発展途上国と先進国との間の送金コストが低下することによって、先進国からのアウトソーシングにも使うことができるため、国際的な観点で考えても仮想通貨は革新的な発明なんです。

データの改ざんや複製ができない

これは仮想通貨を支えているブロックチェーン技術の特徴ですが、データの改ざんや複製ができない仕組みとなっています。

これまでの通貨は中央銀行や国が発行してきたことはわかりますよね。一方、ビットコインは発行者や管理者がおらず、多数のコンピュータで形成するネットワークが全体を維持しているのです。これはPeer to Peer(P2P)と呼ばれる仕組みで、正しい取引の記録のみが記載されるようになっていて、改ざんなどができないのが特徴です。

資産運用ができる

上記の利点があることによって通貨としての価値が高まり、投資対象にもなります。通貨に需要があれば、価格は高騰しますし、需要がなければ、価格は落ちていきます。円=1円のように固定されていない分、投資として注目されています。

現状、日本では仮想通貨を利用してなにかを買ったりするような環境はまだ整っていないため、基本的には投資対象として使われています。

今から始めても、もう遅くない?

僕が一番言われた言葉です。「もう遅いよね。。時期逃したわ~」って。

ちょっ待てよぉ~。(キムタク風)ですよ。
納得してもらえるようにデータで示しましょう。

ユーザー数から見ていきましょう

ビットコインのユーザー数や利用状況はいくつ?|国内・海外の記事に書かれていたのですが日本の取引所に登録しているユーザーは約200万人、半分がアクティブユーザーだと仮定した場合100万人です。

日本の人口は1.27億人なのでもし100万人だった場合、1%未満となります。

そして3月現在市場が暴落しまくってユーザーはさらに離れていったので、もっと少なくなったのではないかと考えられます。

そして、マーケティングでよく出てくる「イノベーター理論」を見てみましょう。

(引用:http://bizamurai.com/4472)

⒈イノベーター(Innovators:革新者):
冒険心にあふれ、新しいものを進んで採用する人。市場全体の2.5%。
⒉アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者):
流行に敏感で、情報収集を自ら行い、判断する人。他の消費層への影響力が大きく、オピニオンリーダーとも呼ばれる。市場全体の13.5%。
⒊アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者):
比較的慎重派な人。平均より早くに新しいものを取り入れる。ブリッジピープルとも呼ばれる。市場全体の34.0%。
⒋レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者):
比較的懐疑的な人。周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。フォロワーズとも呼ばれる。市場全体の34.0%。
⒌ラガード(Laggards:遅滞者):
最も保守的な人。流行や世の中の動きに関心が薄い。イノベーションが伝統になるまで採用しない。伝統主義者とも訳される。市場全体の16.0%。

このイノベーター理論を踏まえると、僕たちはまだまだイノベーターです!
百歩譲ってもアーリーアダプターです。(イノベーター寄りのアーリーアダプターです)

遅いと思っているのは、連日ビットコインの価格が200万円を突破したと報道され、そこから一気に急落していったため、バブルが崩壊したように見えるだけで、実際はまだまだ始めるには早いほうだと思っています。バブルなんて弾けてもなければまだ来てもないと思っています。

時価総額の視点で見てみよう

続いて、仮想通貨全体の時価総額を見ていきましょう。

3月時点での仮想通貨全体の時価総額は約3200億ドルです。

って言われても高いのか低いのかわかりませんよね。なので他の時価総額と比較してみましょう。

株式市場   :66兆ドル
金           :7兆ドル
Apple  :9,000億ドル

Amazon   :7680億ドル
Facebook :4885億ドル
ジョンソンエンドジョンソン:3480億ドル
仮想通貨全体:3200億ドル
プロクターアンドギャンブル(P&G
):1970億ドル
ビットコイン:1400億ドル
僕の全財産 :5万円

どうでしょうか。仮想通貨全体の時価総額はおおよそジョンソンエンドジョンソンと同じくらいです。たった1企業と同じくらいの時価総額なんですよ。(とはいってもジョンジョンはかなり大きいですが。)

株式市場の1%未満です。

「インターネット以来の発明」と言われている仮想通貨市場がこの程度終わると思いますか?終わるわけないんですよ。そう考えると、まだまだ伸びしろは想像できないくらいありますね。

この大革命はまだスタートラインから飛び出したばかりなんです。

ビットコインと仮想通貨って違うの?

これもよく言われますね。仮想通貨=ビットコインって認識の人が多いです。いや仮想通貨=ビットコインって別に間違っていないんですけど、もっとありますよ~。ってことです。

現在、この世に出回っている仮想通貨はおおよそ1,200種類以上あると言われています。ブロックチェーン技術を使って毎月新しいプロジェクトが誕生しています。

あとビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼んでいて、投資や投機対象としてかなり注目を浴びています。中には100倍以上価格が高騰したものもあったりして、現状は通貨というよりは投資の対象として使われていることが大半ですね。

もう200万円でしょ?買えないよそんな大金

これもまたよく言われます。僕も最初は思いました。1BTC=150万円!?いや、買えるわけないじゃん!って。ただ、ビットコインは0.01BTCのように小さい単位で購入することができます。

現在1BTC=90万円ほどなので、もし0.01BTC購入する場合は9,000円ですね。9,000円と思うと手軽に始めれそうじゃないですか?仮想通貨投資の始めるハードルなんて低いんですよ~。

もちろん、投資額が小さければ小さいほどリターンも小さいのですが、株と違って今は変動が激しいので大きなリターンを得る可能性も十分あります。

では、なにから始めたらいいの?

僕も最初は友達に1から聞きながらやりましたが、確かに今まで投資をしたことのない人は仮想通貨投資も最初はなにから始めたらいいのかわかりませんよね。

簡単な流れとしては以下です。

①日本の取引所を開設
②日本円を取引所に入金
③取引所で通貨を買う。
④価格が上がったら売る。

ほんとにこれだけです。簡単ですよね。

おすすめ取引所

まずは日本の取引所の口座開設からです。日本円で通貨を買うことから仮想通貨ライフは始まります。

こちらの記事に取引所の登録方法から取引所での通貨の買い方までご紹介しているので、ご参考ください。

あわせて読みたい
【初心者向け】最初に登録すべき3つの取引所をご紹介。これで中級者の仲間入り。こんにちは。 今回は初心者が仮想通貨を始めるにあたって登録すべき取引所を3つご紹介させていただきます。 やみくもに登録しても...

口座は開設したけどなにをすればいいの?

要は、自分がいいなと思った通貨を安く購入し、高くなったら売るだけです。これ以外にないです。

その判断を行うにあたりなにが必要なのかというと、当然情報収集が必要になりますよね。

情報収集はTwitter、本、仮想通貨ブログ、ホワイトペーパー等があります。僕の場合は、まずブロックチェーンとはなんぞや?の部分を理解するためにまずは本を読み漁りました。

自分の理解できないものに投資をするなんて恐ろしいので、まずは基礎部分を理解することに努めました。

ちなみに、僕が読んだ本をこちらでご紹介しているので参考にしてください。

あわせて読みたい
【仮想通貨おすすめ本】仮想通貨ユーザーへジャンル別に厳選して10冊紹介こんにちは。 あどまんです。 今回は仮想通貨のおすすめ本を紹介していこうと思います。 正直初心者、中級者っていう境目がなん...

そして、ブロックチェーンやスマートコントラク等基本的なものを理解しつつ、Twitterなどで有益な情報を発信しているアカウントをフォローしてビットコイン以外のアルトコインの情報であったり、仮想通貨のリアルタイムで発生している事柄について知っていきました。

あわせて読みたい
【初心者向け】仮想通貨おすすめTwitterアカウント12選をご紹介こんにちは あどまんです。 今回は初心者向けの方々にフォローしておけば間違いねーよ!っていうTwitterアカウントのご紹介...

この領域まで達することができたら第一歩は踏み出せたはずです。

これが仮想通貨投資の一連の流れです。

おわりに

どうでしたでしょうか。まだまだこれからやと思いませんか?始め方がわからないからという理由で、近年稀にみる確変期に乗り遅れるのは非常にもったいないです。

ここから少しでも興味を持ち、1,000種類以上存在する通貨を調べていったり、Twitterなどで同じ通貨を保有している人とコミュニケーションを交わしていくと、お金儲け以外の視点でも楽しみが出てきます。少なくとも僕自身は今まで野球と服しか趣味がなく、特に生産性のあることをやっているわけではありませんでした。

ただ、仮想通貨に興味をもったことで、毎日が非常に楽しく、その楽しみからお金も稼げるなんて大変素晴らしいことです。

ぜひ興味を持っている人はこの機に始めてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
あどまん
都内の広告代理店に勤務している25歳 ADKをこよなく愛し、所持金ほぼ全額を捧げることを決意。2018年1月から始めたど素人が、成り上がっていくまでの過程をみていくブログ
おすすめ記事