日記

月1冊からでも変わる!読書する人・しない人の違いって?

こんにちは。

僕はある日突然読書が好きになり、今では年間何百冊と読むようになりました。
そこで、今回はライフハッカーっぽい記事で読書の良さについて書かせていただきます。

———
読書をしたほうが良いということはなんとなく頭で分かっていても、何故読書をしたほうがよいのか?と聞かれると答えに詰まってしまいがちですよね。今まで読書はしたほうが良いと散々周りに言われ続けてきたにも関わらず、読書をする習慣が身につかなかったという人は、「読書をしたほうが良い」理由についてコミットできていなかったからではないでしょうか?

そこで、そんな方でも「読書をする習慣を身につけよう!」と思える読書をする人・しない人で差がつく3つの項目について紹介していこうと思います。

読書をすることでしか得られない、知識がある。

最近は、様々なニュースサイトやまとめサイトの登場により、誰でもいつでもどこでも簡単に欲しい情報について得ることができるようになりました。そのため、わざわざ嵩の高い、そして費用のかかる本を読む必要がないと感じるかもしれません。

しかし、インターネット上にでている情報には、鵜呑みにするには危ういものがあるというデメリットがあります。

一方で、本に書かれている情報は、その道のプロである専門的知識を有した人によって提供されていることが大半です。情報の信憑性としては圧倒的に本の方が高いことは疑うまでもないことです。

それだけではなく、本に書かれている情報は詳細まで書かれていることが大半であり、知りたい情報について掘り下げることが可能であるため、得た情報が記憶へと残りやすくなります。一方、インターネットの情報は、素人が書いていることもあり、提供されている情報が100%正しいものであるとは限りません。そのうえ、本の様に細かな知識についてまで掲載されていることは少なく、大半の情報が概要までに止まっています。そのため、ぼんやりと枠を把握することはできても、理解を深めるには至らず、せっかく得た情報も記憶に残りにくいものとなってしまいます。

同じ情報に接するにしても、本で情報を得た人は記憶に残りやすく、また、細部まで理解を深めることが可能なことに対し、本を読まずにインターネットで情報を得た人は、記憶に残りにくい上に、曖昧な理解にとどまってしまうため、人へ説明を求められると詰まってしまう程度の知識しか得ることができないという大きな違いがあります。

しかし、インターネットで情報を得ることが悪だというわけではありません。

大枠を、手軽に把握したい場合、インターネットで情報を得ることはとても有効だといえます。

インターネットから情報を得る際は、あくまでも「概要を把握する」程度にとどめておくことが重要で、その上で、インターネットではすべての知識が得られるわけではないと理解しておく必要があります。

一方で、深い知識を得、自身で活用したり、人へ知識の共有を図ったりする際は読書に限ります。
概要を把握する程度に止めるのではなく、自身の知識として蓄えたい、情報を活かしたいという意欲のある方は、必ず本から情報を得るように心がけましょう。仮想通貨に限った話だと速報性が求めれられることも多々あるのでその点ではインターネットを存分に活かす必要がありますね。ただ、基本的な構造などは本から得たほうが格段に良いです。

読書は知識だけではなく、人との繋がりを得ることができる

読書をすることで得られるものは、知識だけではありません。
読書は人脈を広げる上でもとても有効です。
なぜ、読書が人脈を構築するのに適切なのかというと、人とコミュニケーションを図る上でもっとも重要になってくるのが「話題」であるからです。

話題を常に作り続けることは容易なことではなく、とても困難であることは、人とコミュニケーションを図るのが苦手だという方はよくお分かりになるのではないでしょうか。

・何を話していいのかわからない
・沈黙が居心地悪い
・相手の話を理解することができない
・共通の趣味・話題がある相手とのみ意思疎通を図ることができる
・人見知りしてしまう
・自分の浅はかさが露呈してしまう様で目上の人と話すことが苦手
・話を聞く側に回るのはよいが、話し手になることが苦手

上記に羅列したものの中で、2つ以上当てはまる方は、現状、コミュニケーションを円滑に進められているとは言い難い状況にあります。
そのような方が、コミュニケーションを円滑に進める上で重要になってくるのが、実は「読書」なのです。

先の項目でも触れた通り、読書はインターネットでは得られない理解の深さを得ることができます。そのため、人とコミュニケーションを図るのに重要となってくる“話題”とすることが可能なのです。
どうしても概要を把握した程度の認識だと、人にうまく話せないが故に話題にすることが難しくなってしまいます。しかし、本を読むことで得た知識は記憶に残りやすく、理解も深い為、話題へとすることができるのです。

多くの、そして様々な種類の書籍を読むことで、知識を蓄積し、人へのアウトプットが可能となります。
そのことで得た人との繋がりは、ビジネスをする上でも、私的に付き合いをする上でも、とても質の良い交友関係を構築することができる傾向にあります。

そしてさらに喜ばしいことに、人とのつながりを広げることに成功すると、自然と読書をすることが楽しくなり、もっと知識を得たい、もっと人と繋がりたいと探求心が強まっていくことで、読書をする習慣が自然と身についていきます。

人とコミュニケーションを図るのが苦手だ、という方は、物の試しに読書をしてみてはいかがでしょうか。読書をすることで得ることはあっても、無駄になることはほぼあり得ません。
逆に、読書をしていなかったからこそ、リアルな人とのつながりも希薄になってしまっている、とも言えます。

読書は最も効率の良い貯金法

読書をする人・しない人との違いで、最も顕著に表れてくるのは資金運用の効率化を図れているかいないかという点ではないでしょうか。

読書をしない人は、大抵の場合は、今自分の手に持っている職で経済を循環させることに満足してしまいます。
しかし、読書をしている人は、自分の手に持つ職以外でも資産を運用できないかと模索する傾向にあります。
そして、そのヒント・答えを読書から得ることが可能である為、読書をしない人よりも効率よく貯蓄することが可能なのです。

僕たちが普通に生活していて、得られる知識・情報というものは限られています。
いくらSNSが発達した社会で、情報が自ら探しに行かずとも手に入る時代になったとはいえ、限りがあることは明確です。
自ら行動を起こして情報を積極的に得ようとしない限り、自分の興味ある範囲での情報しか人は得られないものです。
限られた情報だけでは、資産をうまく運用できないのも頷けます。実際、資産運用のためにインターネットで知識を得ようとしても、その情報はすでに人が試した方法である上に、細部まで理解を深めることができないため、自らの知識とすることができず、資産を運用するには不十分であることが大半です。
一方、読書から得た情報は、理解が深いため、自ら応用を図ることができます。そして人とは違う新たな方法を発見することも可能である為、うまくいけば大成功を収めることが可能です。

このように、読書は、人脈を広げ、貯蓄を増やし、人生を豊かにすることが可能だといえます。

たかが読書。されど読書。

読書をする人・しない人では、知識だけではなく、人生における幸福度も変わってくるといえます。

読書に対して批判的だった方も、まずは読書することを試してみてから再度判断しても遅くないのではないでしょうか?

おわりに

僕の大好きなサイト「ライフハッカー風」記事で、僕の大好きな読書を勧めてみました。

仮想通貨をやっている皆さんもぜひ読書をする習慣を身に着けていただければ幸いです。

あわせて読みたい
【仮想通貨おすすめ本】仮想通貨ユーザーへジャンル別に厳選して10冊紹介こんにちは。 あどまんです。 今回は仮想通貨のおすすめ本を紹介していこうと思います。 正直初心者、中級者っていう境目がなん...

こちらの記事では仮想通貨のオススメ本をご紹介しているので、ぜひご参考にしてください。

では!!

 

 

ABOUT ME
あどまん
都内の広告代理店に勤務している25歳 ADKをこよなく愛し、所持金ほぼ全額を捧げることを決意。2018年1月から始めたど素人が、成り上がっていくまでの過程をみていくブログ
おすすめ記事