ICO

【ブロックチェーン3.0】DAC/Hyundai Digital Asset Currencyが期待できそうな件

こんにちは

僕はADKという仮想通貨を激推ししています。理由はなんとなく親近感わいて調べてみたら非常に魅力的だったからです。
草コインを探しているとCTRとかCPCとかもあったりして、ネット広告用語に馴染みがあって自然と愛着が湧いてきます。そして、今回はDACという通貨を見つけたのでご紹介していきます。ネット広告企業で働いている人からしたらこれもまた馴染みの深いコインですね。

今回もあくまで初心者が読んでなんとなく理解できる内容を心がけているため、専門用語や専門知識の必要な機能面は省略しています。より詳しい情報が知りたければホームページで読んでくださいませ。
https://hdac.io/board/newsList

DACとは?

ヒュンダイDACは韓国の財閥であるヒュンダイと提携していることで注目を浴びているプロジェクトです。
通貨単位は「DAC」で、ネット広告企業にもDACがありますね。
で、DACとはなにかといいますと、「ブロックチェーン3.0」と呼ばれる次世代の仮想通貨です。

通貨としての機能のみを備えた「ブロックチェーン1.0」タイプはビットコインが代表例として挙げられ、通貨にプラスしてスマートコントラクト機能が備わった「ブロックチェーン2.0」タイプには、イーサリアムが有名かと思います。

そして、その上をいく「ブロックチェーン3.0」として将来が期待できる仮想通貨として投資家から注目を浴びております。

「ブロックチェーン3.0」ってなに?

「ブロックチェーン3.0」がビットコインやイーサリアムとは異なる新型の通貨だということはわかったけど、結局なにが新しいのか、ってことですよね。

まず、IoTはご存知でしょうか。IoT(Internet of Things)は世の中のモノがインターネットと繋がることを指します。今はパソコンやスマホがインターネットに繋がっていますが、これからの時代はこれらの通信機器だけに限らず、冷蔵庫や車、ドアやエアコンなど生活の身の回りのものがインターネットに繋がり、ライフスタイルをより快適なものへと変えてくれる革新的な技術です。これからのライフスタイルはより快適になっていく半面で、セキュリティなどの脆弱性が課題として挙がってきます。

DACによって、IoTデバイスの安全性・IoTデータの統合とビッグデータの活用・IoTデバイス間の相互認証などをIoTに関わる技術をより進化させるために立ち上がったプロジェクトなんです。一言で言うと、「めちゃくちゃ身近で、便利な生活の手助けをしていくよ~!あ、そのためにセキュリティガチガチにしとくわ~!っていうプロジェクト」なんです。

セキュリティで特許!?(Aegis)

Hyundai DigitalAssetはIoTに関連するプロジェクトのため、当然膨大すぎるデータ(ビックデータ)を扱うことになります。
ハッキングやプライバシー侵害、外部攻撃等IoT社会になっていくにつれ、より対策を強化していかなければなりません。ベネッセが数年前に個人情報が流出して大騒ぎになりましたが、これからIoT社会になっていくにつれ、ベネッセとは比にならない大規模な個人情報流出もあり得るかもしれません。

そのためDACは徹底的に安全面という視点において強化していくつもりで、新しい認証方式「IoT Data Security」という開発を実施しております。
これは、「ダブルチェーン」とも呼ばれ、現在のブロックチェーン技術よりもさらに強いセキュリティを備えています。そしてこの「IoT Data Security」は「イジス(Aegis)」と呼ばれ、なんと特許まで取得しています。

今までのブロックチェーン技術(スマートコントラクト含む)+凄いセキュリティ機能を備え付けたものが新世代のブロックチェーン3.0なんです。
どんどん進化していってフリーザみたいでカッコいい。

将来性はあるのかい?

将来性に関してですが、非常にあるとみています。
まず、IoTが自分たちのライフスタイルに入ってくるというのは仮想通貨関係なく、もう周知の事実です。グーグルホームや、Amazon Echoなどが昨年からリリースされ始め、スマート家電といったものまで出てきたことで、急速に身の回りのものがインターネットに接続されてきました。なので、間違いなくIoTは浸透していき、人々の生活をより便利なものへと変革をもたらしてくれるでしょう。その過程で、必ずセキリュティにおいて課題が上がってくると思うので、セキュリティに特化したプロジェクトは今後IoT社会の浸透が加速していくにつれ、間違いなく需要も増していきます。

なにより韓国財閥である「ヒュンダイ」が主導でやっているプロジェクトっていうのも非常に熱いです。結局はプロジェクト内容が重要とはいえ、やはりどういう企業で、どういう人がそのプロジェクトを遂行しているのか、ということも投資をする上で非常に重要な判断材料になりますよね。

ロードマップ

DACのロードマップですが、ゆったりではあるものの、2019年の実用化に向け着実にプロジェクトは進行しています。その点では、安心できるのではないでしょうか。

そもそもどこで買えるの?これ

現在は購入ができないようです。今後、取引所に上場されてから売買が可能になります。ロードマップを見る感じ、Hyundai Digital Assetの計画にはDACコインの発行のみならず、韓国国内に仮想通貨取引所をオープンさせる計画もあるようです。財閥企業であるヒュンダイがやっているだけあって、なかなか壮大な計画です。DAC通貨の上場は2017年度末から2018年初頭と計画されています。まだ上場していないので、3月くらいですかね?そして2018年半ば頃から海外の取引所でも取引が可能になるようです。

おわりに

どうでしたでしょうか。IoT社会になっていくにつれ、セキュリティ問題というのは今以上に課題になっていき、優先順位を高めて対策をとっていく必要があります。その中で新型のブロックチェーン技術を用いたDACはこれからの生活を支える基盤となっていくのではないでしょうか。ブロックチェーン3.0は医療や教育企業の技術開発などにも応用ができるため、やはりどう考えても需要しかないプロジェクトですね。

過去にプレセールが3回行われていていずれも数日で完売するなど仮想通貨界隈ではかなり注目されている仮想通貨なので、少なくとも詐欺ではなさそうです。とは言え、以前行われたプレセールでは泉忠司さんという少し胡散臭い方を経由してのみでしか購入できない、みたいなこともあったようなので、そこが懸念ではありますね。

ほら、あのイケダハヤトパイセンもこんなこと言っていますしね。泉忠司さんは余計なことをしてくれました。

僕は少しでも親近感のある通貨を無条件で応援したくなります。ネット広告で働いていたら間違いなく一度は聞いたことのある会社名と同一のものなので、DACにも投資してみようかなと思っています。まぁなんにせよ将来的なビジョンを見たら期待して損なし、といった感じです。
もし興味があればピックアップしてくださーい。ばいちゃ。

 

ABOUT ME
あどまん
都内の広告代理店に勤務している25歳 ADKをこよなく愛し、所持金ほぼ全額を捧げることを決意。2018年1月から始めたど素人が、成り上がっていくまでの過程をみていくブログ
おすすめ記事